Ana içeriğe geç

Videoya Genel Bakış

Giriş

Appleはこれまで通例の"S"シリーズをスキップしてiPhone 8を発売しました。私たちもこれに倣ってカリフォルニアから幾つかのタイムゾーンをスキップしました。

さて、私たちは今、オーストラリア、シドニーにあるCircuitwiseの本社にいます。ここから出来るだけ早く皆さんにiPhone 8 (そして8 Plusも!)の分解をお届けしましょう。AppleがSamsung’s Galaxy S8モデルに追いつくためにiPhone8と名付けてゲームを仕掛けているのか、それともガラスのリアケースやワイヤレス充電という大幅なアップグレードがあるためにiPhone8としたのか、確認する時間がやってきました。

さてフロントとリアガラスをカチ割って開けて見ましょう!

分解情報や修理のヒントはここにあります!あらゆるもののリペア最新情報は

FacebookTwitterTwitter日本語版Instagramからフォローしてください。

Bu teardown bir tamir kılavuzu değildir. iPhone 8 cihazınızı onarmak için, servis kılavuzumuzu kullanın.

  1. iPhone8には幾つかの新しいテクノロジーが搭載されています。でも、これらのアップグレードされた数字だけで8としても良いのでしょうか?ご自身で判断してください:
    • iPhone8には幾つかの新しいテクノロジーが搭載されています。でも、これらのアップグレードされた数字だけで8としても良いのでしょうか?ご自身で判断してください:

    • A11 Bionicチップ、 M11モーションコプロセッサ搭載

    • 容量64 GB、256 GB

    • 1334 × 750解像度 (326 ppi) 4.7インチ IPSマルチタッチ Retina HDディスプレイ

    • 12 MPカメラ、ƒ/1.8の開口部、光学式手ぶれ補正、最大5倍のデジタルズーム

    • 7 MP FaceTime HDカメラ、ƒ/2.2の開口部、1080p HDビデオ撮影

    • Qi ワイヤレス充電規格(高速充電)

    • 802.11a/b/g/n/ac Wi‑Fi w/MIMO + Bluetooth 5.0 + NFC

  2. 私たちがteardownunder (南半球での分解)を始めるにあたり、顔馴染みのデバイスが挨拶をしてくれています。特長は以下の通りです。 Touch ID指紋認証センサー付きソリッドステートのホーム”ボタン” iPhone 7でも使用されていたものに近い(未だ)IPSテクノロジー搭載のディスプレイ(ただしTrue Toneディスプレイ)
    • 私たちがteardownunder (南半球での分解)を始めるにあたり、顔馴染みのデバイスが挨拶をしてくれています。特長は以下の通りです。

    • Touch ID指紋認証センサー付きソリッドステートのホーム”ボタン”

    • iPhone 7でも使用されていたものに近い(未だ)IPSテクノロジー搭載のディスプレイ(ただしTrue Toneディスプレイ)

    • 裏側に回ると、iPhoneの7層にわたって色を重ねられたオシャレな新しいガラスを確認できます。

    • Appleはこのリアパネルは”レーザー溶接されたスチール/銅製の構造”と発表しています。その強度が分かるまではしばらく時間が必要です。そして次の耐久性テストによって、このデバイスが様々なダメージから身を守れるか証明していますーしかし、ベンドゲート(本体が曲がってしまう問題)についてはまた別の問題です。

    • このモデルがiPhone8として相応しいのかどうかはまだ議論の最中です。WEEE(廃電気・電子製品)指令のマークもまだ付与されていないのです。

    • 作業に取り掛かる前に、 iPhone 8の新しいゴールドカラーとiPhone6sのローズゴールドを比べてみましょう。確かにAppleは iPhone 8のデザインを精錬しました。そして仕上げに若干のピンク色を取り除きました。

  3. さて中身を掘り起こす前に、X線撮影です! 親友であるCreative Electron が南半球のCircuitwiseまで来てくれて、最高の透視画像を撮影してくれました。 シームレスな裏側が内部の複雑な構造をはっきりと見せてくれています。最初に確認できるのは新しいワイヤレス受電用コイルです!
    • さて中身を掘り起こす前に、X線撮影です!

    • 親友であるCreative Electron が南半球のCircuitwiseまで来てくれて、最高の透視画像を撮影してくれました。

    • シームレスな裏側が内部の複雑な構造をはっきりと見せてくれています。最初に確認できるのは新しいワイヤレス受電用コイルです!

    • 後ほど詳細を書きますが、X線撮影のゴーグルを脇に置いて、まずは分解のプランを練りましょう。

    • モデル番号を確認するにはX線撮影は不要です。ローズゴールドの箱にA1863と表記されています!

    • Appleは(米国 E-Lavel Actによる:スマートフォンの裏側にモデル番号などの表記をしないという法律)iPhoneの裏側の完全クリーンアップを始めたようです。そうならば、SIMトレイに付けられた可愛いIDカードは見つけられないかもしれません。

    • この分解を進める時間がやってきました。星型ペンタローブネジを外した後、耐水性ディスプレイシール(圧着剤)を溶かすために熱を当てます。

    • ここでiOpenerの登場です!圧着剤が柔らかくなりました。次にツールバッグからiSclackを取り出して、スクリーンを上下に引き離します。生じた隙間に開口ピックを差し込むとより効果的です。

    • 一体これはデジャブでしょうか?

    • …さて内部が開きました!最初に確認できるのは目新しいものがないということですー今の所。でもまだガラスの表面をスクラッチしただけなので先に進みましょう。

  4. このディスプレイを開けてみると、またもや馴染みのあるディスプレイケーブルブラケットが迎えてくれました。しかし呪いのトライポイントネジの代わりに、標準の#000プラスネジが使用されているという点は喜ばしいニュースです! トライポイントネジ、残念ながらMiss you(会いたい)なんてこれっぽっちも思わないんだよね。 手早く幾つかのケーブルの接続を外しますーバッテリー、ディスプレイそしてホームボタンケーブルを取り出すとディスプレイが外れました!
    • このディスプレイを開けてみると、またもや馴染みのあるディスプレイケーブルブラケットが迎えてくれました。しかし呪いのトライポイントネジの代わりに、標準の#000プラスネジが使用されているという点は喜ばしいニュースです!

    • トライポイントネジ、残念ながらMiss you(会いたい)なんてこれっぽっちも思わないんだよね。

    • 手早く幾つかのケーブルの接続を外しますーバッテリー、ディスプレイそしてホームボタンケーブルを取り出すとディスプレイが外れました!

    • iPhone7には付いていたディスプレイ上のペンタローブタブガスケットが8には付いていないことに注目しました。

    • しかしながら、iPhone7もiPhone8どちらもIP67耐水/防塵性能を持っています。一体どうやって水門を閉じるのでしょうか?

  5. バッテリーのストレッチタブを掴みますー接着タブを取り出すとこのタブが以前に比べて2つも増えています。 でも問題ありませんー動かす手を増やせばいいのです。4つのタブを一度に引っ張ります! この方法はたくさんの経験が必要で、ストレッチアームストロングによる練習効果が求められます。
    • バッテリーのストレッチタブを掴みますー接着タブを取り出すとこのタブが以前に比べて2つも増えています。

    • でも問題ありませんー動かす手を増やせばいいのです。4つのタブを一度に引っ張ります!

    • この方法はたくさんの経験が必要で、ストレッチアームストロングによる練習効果が求められます。

    • プルタブを引っ張るとバッテリーの接着タブが簡単に外せます。

  6. Dizüstü Bilgisayar Bataryaları

    Batteries for all the top PC brands, backed by our Quality Guarantee.

    Hemen Alışveriş Yapın

    Dizüstü Bilgisayar Bataryaları

    Batteries for all the top PC brands, backed by our Quality Guarantee.

    Hemen Alışveriş Yapın
  7. この上等なバッテリーパックを取り出しました。さて競争相手との比較をしてみましょう! 完全充電で3.82 V, 1821 mAhのバッテリーセルは最大6.96Whです。
    • この上等なバッテリーパックを取り出しました。さて競争相手との比較をしてみましょう!

    • 完全充電で3.82 V, 1821 mAhのバッテリーセルは最大6.96Whです。

    • Apple製品で比べてみるとiPhone 7のバッテリーは7.45 Whです。

    • 参考のために、類似するスペックのGalaxy S8バッテリーは11.55 Whです。

    • バッテリー容量は少なくなりましたが、Appleはバッテリーの寿命は去年発売されたモデルと変わらないとしています。

  8. ロジックボードからメインカメラを取り出します。 iPhone 8はiPhone 7と同じƒ/1.8の開口部、6枚構成のレンズを搭載していますが、カメラ以外の全ては新しく改良されました。 8のセンサーは7に比べるとより大きくなりましたが、スペックは同じ12MP解像度です。これはピクセル自体が大きくなり、より高い光度、彩度の改善、ノイズの軽減などを意味しています。
    • ロジックボードからメインカメラを取り出します

    • iPhone 8はiPhone 7と同じƒ/1.8の開口部、6枚構成のレンズを搭載していますが、カメラ以外の全ては新しく改良されました。

    • 8のセンサーは7に比べるとより大きくなりましたが、スペックは同じ12MP解像度です。これはピクセル自体が大きくなり、より高い光度、彩度の改善、ノイズの軽減などを意味しています。

    • しかし待ってください、まだあります!これらのハードウェアの改良だけでなくアップグレードされた画像処理ソフトウェアもAppleの巧みな引き出しに入れられていたのです。

    • この画像処理ソフトウェアを目にしたことがありますが、まだ裸眼では見たことがありません。X線画像で透視するとカメラの四隅にマグネットがあることがわかりますーこのマグネットがOISを通してカメラをより高い精度のビジョンを実現させています。

  9. 私たちの探索はまだまだ続きます。次に変わったケーブルとブラケットを幾つか見つけました まず最初に取り出します:Lightningポートのブラケットは新しいピーチ色のポートを補強して、Taptic engineを挟んでいるように見えます。 これまでのところ、嬉しいことにプラスドライバーのみで進んできましたーしかし嬉しいことはそう長くは続きません。このブラケットを取り出すには最初のトライポイントネジが待ち受けているのです。でもiFixitの64 Bit Driver Kitで事足りないものはありません!
    • 私たちの探索はまだまだ続きます。次に変わったケーブルとブラケットを幾つか見つけました

    • まず最初に取り出します:Lightningポートのブラケットは新しいピーチ色のポートを補強して、Taptic engineを挟んでいるように見えます。

    • これまでのところ、嬉しいことにプラスドライバーのみで進んできましたーしかし嬉しいことはそう長くは続きません。このブラケットを取り出すには最初のトライポイントネジが待ち受けているのです。でもiFixitの64 Bit Driver Kitで事足りないものはありません!

    • 新しく登場した色付きのLightning ポートは高速充電を安全に行うための伝熱プラスチックではないかと推測します。(もしくは、ただ単に筐体と色を合わせただけかもしれません)

    • 次の作業:奇妙なインターコネクト/アンテナケーブルがスピーカーを覆っています。

    • 最後の作業:Taptic Engineが小さくて精密なコネクターの中に入っています。

  10. 最後の砦のロジックボードです:この小さな隠れたネジ、これは耐水性シリコンシールの下に付けられています! Jumpyというカンガルーがロジックボードの取り出しに協力してくれました!
    • 最後の砦のロジックボードです:この小さな隠れたネジ、これは耐水性シリコンシールの下に付けられています!

    • Jumpyというカンガルーがロジックボードの取り出しに協力してくれました!

    • カンガルーの形をしたチキン味のスナックはさて置き、皆さんがiPhone Xまで jumpy−飛び越えないように願っています。レポートによると、iPhone Xは遅くとも10月中旬から製造が始まるようです。ーすなわち、iPhone8を購入したAppleのアップグレードプログラム加入者たちと同様に、iPhone8をハードウェアとして持つことが最速のアップグレードと言えます。

  11. ダララララララ…ドラムロール、プリーズ!チップの時間です! このシリコンを精密に点検してくれたTechInsightsの皆さんに感謝します。 Apple 339S00434 A11 Bionic SoC、これにSK Hynix H9HKNNNBRMMUUR 2 GB LPDDR4x RAMが積層 Qualcomm MDM9655Snapdragon X16 LTEモデム
    • ダララララララ…ドラムロール、プリーズ!チップの時間です! このシリコンを精密に点検してくれたTechInsightsの皆さんに感謝します。

    • Apple 339S00434 A11 Bionic SoC、これにSK Hynix H9HKNNNBRMMUUR 2 GB LPDDR4x RAMが積層

    • Qualcomm MDM9655Snapdragon X16 LTEモデム

    • Skyworks SkyOne SKY78140

    • Avago 8072JD130

    • P215 730N71T - エンベロープトラッキングICのよう

    • Skyworks 77366-17 クワッドバンド GSM パワーアンプモジュール

    • NXP 80V18 secure NFCモジュール

  12. 裏側に回ってみましょう: Apple/USI 170804 339S00397 WiFi/Bluetoothモジュール
    • 裏側に回ってみましょう:

    • Apple/USI 170804 339S00397 WiFi/Bluetoothモジュール

    • Apple 338S00248, 338S00309 PMIC, and S3830028

    • 東芝 TSBL227VC3759 64 GB NAND フラッシュメモリ

    • Qualcomm WTR5975ギガビット LTE RF トランシーバーとPMD9655 PMIC

    • Broadcom 59355— (BCM59350 ワイヤレス充電ICのイテレーションのよう)

    • NXP 1612A1—(1610 トライスターICのイテレーションのよう)

    • Skyworks 3760 3576 1732 RF Switchと SKY762-21 247296 1734 RF Switch

  13. ロジックボードが外れました。プラスチックのコンポーネントに取り掛かります。 これはスピーカーと気圧ベントです。 昨年モデルで判明したように、この気圧ベントはiPhoneの耐水性を高めると共に、正確な高度情報を計測できます。
    • ロジックボードが外れました。プラスチックのコンポーネントに取り掛かります。 これはスピーカーと気圧ベントです。

    • 昨年モデルで判明したように、この気圧ベントはiPhoneの耐水性を高めると共に、正確な高度情報を計測できます。

    • その他若干のスペック補強:AppleはiPhone8のスピーカー音量が25%大きくなったと述べています。ーしかしどうやってその違いがわかるかどうかという議論があります。

    • iPhone 7と同じくこの8にも本体底のスピーカーホールが計12個並んでいます。

    • その内側にフォーム製シールと小さなゴム製ガスケットという前回と同じ耐水性を示すサインを見つけました。

  14. リアケースにはほとんどコンポーネントが搭載されていませんが、幾つか確認できるものがあります。 ピーチ色のLightning コネクターはiPhone7に比べると若干の変化が見えます。迷彩服のようなカモフラージュで騙されることなく、新しいフォームファクターを見つけました。より高度な耐水性プロテクションですよね? コッパーのテープを覆っている黒色のテープを剥がすとさらに黒色のテープではなく…ちょっと待ってください…
    • リアケースにはほとんどコンポーネントが搭載されていませんが、幾つか確認できるものがあります。

    • ピーチ色のLightning コネクターはiPhone7に比べると若干の変化が見えます。迷彩服のようなカモフラージュで騙されることなく、新しいフォームファクターを見つけました。より高度な耐水性プロテクションですよね?

    • コッパーのテープを覆っている黒色のテープを剥がすとさらに黒色のテープではなく…ちょっと待ってください…

    • これはただの黒色のテープではありません。これはQi (”チー”と発音します)の受電用コイルです!

    • このコイルは振動する磁力の共振を利用して交流ACが供給される仕組みです。そして交流ACから直流ACへと転換されます。すなわち、バッテリーに電気を供給する魔法のジュースです。

  15. リアガラスを外そうと試みましたが、結局は熱と液体リムーバーを使った後、補強パネルの下にメスを滑り込ませました。 根気よくメスを入れた後、ついに7層のガラスのサンドイッチをミッドフレームから外しました。 Appleがより耐久性の高いガラスについて発表しましたが、7層になったガラスサンドイッチのことだったとは考えてもいませんでした。
    • リアガラスを外そうと試みましたが、結局は熱と液体リムーバーを使った後、補強パネルの下にメスを滑り込ませました。

    • 根気よくメスを入れた後、ついに7層のガラスのサンドイッチをミッドフレームから外しました。

    • Appleがより耐久性の高いガラスについて発表しましたが、7層になったガラスサンドイッチのことだったとは考えてもいませんでした。

    • 作業後、残された背面プレートは若干曲がって変形していますーAppleは修理に出されたデバイスをどうやって修復するのかまるで検討がつきません。それは機密情報のようです。

    • そして三番目の画像は、カタツムリにフィギュアスケートをさせたわけではありませんーこれは圧着剤です。それも多量です。

    • この並列させた画像をみると、最近作成した何かーSamsung Galaxy Note8を思い起こします。

  16. ついに有名なディスプレイに戻ってきました。ディスプレイから残った最後の機能を取り外します。 さよなら、ホームボタン さよなら、フロントセンサーケーブル
    • ついに有名なディスプレイに戻ってきました。ディスプレイから残った最後の機能を取り外します。

    • さよなら、ホームボタン

    • さよなら、フロントセンサーケーブル

    • さよなら、LCDシールド

    • あと、忘れていました、識別できなかった小さなチップも。

    • もう一度、ライトセンサーは色付きのフィルターで覆われています。これはTrue Toneシステムをアシストするものではないかと想定しています。

  17. 今のところ、ここまでです!ここ数日間で追加されるテキストや画像がある予定です。 シドニーの素晴らしいファシリティを貸していただいたCircuitwiseに多大なるお礼を申し上げます!(彼らの華麗な半田付けビデオをぜひご覧ください) 毎度、なくてはならないX線撮影でのサポートをしてくれるCreative Electronにもお礼を申し上げます!
    • 今のところ、ここまでです!ここ数日間で追加されるテキストや画像がある予定です。

    • シドニーの素晴らしいファシリティを貸していただいたCircuitwiseに多大なるお礼を申し上げます!(彼らの華麗な半田付けビデオをぜひご覧ください)

    • 毎度、なくてはならないX線撮影でのサポートをしてくれるCreative Electronにもお礼を申し上げます!

  18. Son Düşünceler
    • 最もよく修理されるコンポーネントのディスプレイとバッテリーは標準ツールと適切な知識があればすぐにアクセスできます。
    • ワイヤレス充電の導入により、壊れやすいLightning ポートが消耗しにくくなりました。
    • 耐水/防塵用シールは修理を複雑にしますが、液体ダメージによる難しい修理の必要が軽減されました。
    • 以前はバッテリーコネクタに標準のプラスネジ/JISファスナが使用されていましたが、今後は多くのパーツ修理において4種類のドライバが必要になります。
    • 背面ガラスの耐久性については時間が経過しなければ判断できませんーしかし、交換の場合は非常に困難な作業となります。
    • iPhoneの底側に付けられているコンポーネントは、以前は簡単に取り出せましたが、8ではブラケットとデリケートに折られたフレックスケーブルの複雑なパーツの下に埋められています。
    Onarılabilirlik Puanı
    6
    Onarılabilirlik 10 üzerinden 6
    (10 en kolay onarılabileni)

Bu çevirmenlere özel teşekkürler:

100%

Bu çevirmenler dünyayı onarmamıza yardım ediyor! Katkıda bulunmak ister misiniz?
Çeviriye Başlayın ›

75 Yorum

Live stream it on twitch.tv or youtube!

Andrew spoelstra - Yanıt

Link anyone?

Matt Traynor -

It looks like it's the same screen as the iPhone 7, something like the iPhone 5S and SE, maybe?

Universo Técnico - Yanıt

Hopefully, although since the new one supports true tone, it may not. However, those sensors may not be integrated into the display and just be a part of the camera and speakerphone assembly.

Edit: also, the black stuff isn't present on any iPhone 7 displays Ive got, also, the top clip on the left side seems to be rounded off, while on my 7 displays, they have a little sharpish point coming out of each side.

Andrew spoelstra -

Also, on the 8 display, there is a little bit of text on a black bit of plastic which reads “F08+C”, on my 8 display, it reads “F06+A”

Edit: also there are metal clips at the top of the 8 display, on the 7 they're made from plastic

Andrew spoelstra -

Yorum Ekle

İstatistikleri Görüntüle:

Son 24 Saat: 225

Son 7 Gün: 1,322

Son 30 Gün: 5,956

Her zaman: 504,824