Ana içeriğe geç
İngilizce
Japonca

iPhone 5 スクリーンの交換

Kılavuz Bilgisi

= Bitti = Eksik

      Üzerinde çalıştığınız device'ın spesifik parçasını veya bileşenini tarif edin. EÖrneğin: Pil

      Bir başlık oluştur.

      Bu kısa özet yalnızca arama sonuçlarında görünecektir.

      Okuyucuya, onlar daha kılavuza dalmadan önce gerekli olan arka plan bilgilerini aktarın.

      Kılavuz Adımları

      Adım 1 — ディスプレイのガラスをテープで留めます

      フロントガラスにヒビが入っている場合、ガラスをテープで留めることにより、破損が広がるのを防ぎ、作業中に怪我をするの防げます。

      Adım 2 — ペンタローブネジを外す

      次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

      Adım 3 — ディスプレイの乖離を防ぐ方法

      次の手順ではデバイス本体からディスプレイを取り外します。ディスプレイはガラススクリーンとメタルクリップ付きのプラスチックベゼルから出来ています。

      Adım 4 — iSclackを使ってデバイスを開口します。

      次の2つの手順ではiPhone 5本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。一回のみの修理に終わらない方にはぜひ揃えていただきたいツールです。iSclackをご利用にならない場合は手順6までスキップしてください。

      Adım 5 — iSclackを使った開口作業を終えます。

      iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。

      Adım 6 — マニュアル開口方法

      吸盤カップをホームボタン上部のスクリーンに押し当てます。

      Adım 7 — フロントパネルアセンブリを持ち上げます。

      吸盤カップがしっかりとフロントパネルアセンブリと密着しているか確認してください。

      Adım 8 — フロントパネルの両サイドのクリップを外す

      フロントパネルアセンブリの両側周辺に開口ツールを差し込み、こじ開けながら両サイドのクリップを外します。

      Adım 9 — iPhoneの開口

      iPhoneの上部は幾つかのリボンケーブルで繋がっているため、背面ケースからフロントパネルを完全に取り外さないでください。

      Adım 10 — バッテリーコネクターブラケットのネジを外す

      ロジックボードに留められているメタル製バッテリーコネクターブラケットから次のネジを2本外します。

      Adım 11 — バッテリーコネクターブラケットを取り出す

      iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

      Adım 12 — バッテリーコネクタの接続を外します。

      プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを丁寧に持ち上げます。

      Adım 13 — フロントパネルアセンブリのケーブルブラケットのネジを外す

      フロントパネルのケーブルブラケットが本体ボードにあることを確認してから次のネジを外します。

      Adım 14 — フロントパネルアセンブリのケーブルブラケットの取り外し

      ディスプレイケーブルブラケットをバッテリー側に持ち上げてフックを外します。それからブラケットを取り出します。

      Adım 15 — フロントパネルアセンブリケーブルの接続を外します。

      この手順でケーブルの接続を外したり/再装着する前に、バッテリーの接続が外れているか確認してください。

      Adım 16 — フロントパネルアセンブリとリアケースを外します。

      背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。

      Katkılarınız, açık kaynak Creative Commons lisansı altında lisanslanmaktadır.